スーパーの買い物はクレジットカードがおすすめ

 

スーパーの買い物はクレジットカードがおすすめ

最近ではスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでいろんな精算方法が使われるようになっています。 現金払いはもちろんクレジットカード払いもありますし、最近ではその会社オリジナルの電子マネーで精算できる方法も増えてきています。

そのなかで便利なのが電子マネーの精算です。 電子マネーのカードをかざすだけで精算できるため、お金を出したり受け取ったりする必要はありませんし、レジ精算がスムーズに進み人件費を抑えることもできるため、双方にメリットがある精算方法と言えるでしょう。 さらにおすすめなのが、クレジットカードにその電子マネーが備わっているものです。

私が頻繁に利用しているのがこれです。 普通の電子マネーと同じように使えるのは当然のことですが、電子マネーの金額が減ってくると自動的にクレジットから入金してくれるシステムもあります。 さらに、その入金のときにはクレジットカードでショッピングしたのと同じポイントがつきます。 頻繁にスーパーで買い物をするため、予想以上にポイントが加算されて、いろんな商品に還元しました。

当然、入金されたお金を後にクレジット会社から請求がきますし、そのシステムを利用しない方法も選べます。 電子マネーでもポイントが加算されるところが多いため、クレジットと電子マネーの2つのポイントを得ることができるわけです。 消費者にとってはこの2つのポイントが一番のメリットと言えるかもしれません。 このように、スーパーマーケットやコンビニではいろんな精算方法が登場していて、今後さらに利便性が高まっていく可能性も秘めているのです。

年会費の安さとサービス特典でクレジットカードを選ぶ

クレジットカードがあると、現金がないときでもスムーズに買い物や食事が楽しめ、とても便利です。 支払いの先延ばしができるので、今現在お金がないというときでも、大きな買い物や豪華な食事も楽しむことができます。

もっとも、申し込めば、ただ発行されるわけではありません。 収入や勤務先などの審査があるほか、年会費がかかることもあります。 いかに便利な決済機能を確保できるとはいえ、高いコストを払ってまで積極的に持ちたいと考える人はあまりいないのではないでしょうか。 それなら、年会費が無料のクレジットカードを申し込みましょう。

カード会社が直接取りそろえるタイプではなく、デパートや量販店、旅行代理店やガソリンスタンド等、提携先を通じて申し込む提携カードの場合、年会費は永久無料というパターンが多くなっています。 ただし、年会費が無料だからと、複数のクレジットカードを保有するのは必ずしもお得ではありません。 ポイントを貯めて商品券や現金、商品との交換や他サービスのポイント移行の特典を得るには、1枚で集中的に利用したほうが貯まりやすいのです。

そのため、各提携カードを比較して、どこが一番自分にメリットがあるのか、利用頻度が高くなるかを検討しましょう。 提携カードを持っていると、その提携先のお店でポイント2倍セールがあるとか、特別な割引サービスが受けられるなど、自分がよく買い物する商品やサービスがカード利用でお得になるところがおすすめです。