クレジットカードを選ぶときは口コミを参考に

 

クレジットカードを選ぶときは口コミを参考に

クレジットカードを選ぶときは口コミが役立ちますが、自分と同じような使用状況のコメントでなければ参考にはなりません。最初に、「なぜカードを持つのか」について考えておく必要があるでしょう。「カード決済できるので、お金を持ち歩かなくてよい」「使うほどポイントが貯まるのでお得」「海外旅行保険に魅力を感じた」などなど、カードを利用する目的は人それぞれでしょう。

頻繁にカード決済をする方ならば、ポイントが貯まりやすいカードにしたほうが絶対にお得です。支払い回数は1〜2回にすれば利息ゼロなので、ポイントの恩恵だけを受けることができるでしょう。年に数回しかカードを使わない方ならば、ポイント率にはそれほどこだわる必要はありません。むしろ、入会金、年会費のほうが問題であるため、これらの維持費のかからないカードを選びたいものです。

「キャッシングも使いたい」という方は、キャッシング機能付きのクレジットカードがおすすめです。口コミを参考にするときは、借入額・実質年率の2つに着目してください。借入額はあまり大きくしないほうがいいので、10万円〜30万円くらいにしておくのが無難でしょう。キャッシング枠というのは、クレジット枠とは別に用意されており、支払いも別々になるのが一般的です。支払い日は同じですが、キャッシング5,000円、クレジット5,000円などとわかれており、この場合は計10,000円の返済となります。カードローンと同じく、返済能力の範囲で限度額を設定してください。

クレジットカードはどこも同じではない

クレジットカードを作るとき、何を基準に選ぼうと考えますか。 どのカードでも同じと思ったら、大きな間違いです。 クレジットカードには発行会社の違いのほか、国際ブランドの違いもあります。 国際ブランドが同じでも、発行会社によって提供されるサービスやポイントの貯まり方、維持費などが大きく異なるので、比較することが大切になるのです。

どのブランドを選ぶかは利用できる加盟店の数や、利用できる地域などを参考にしながら、自分が使用するであろう範囲と照らし合わせて選びましょう。 国内での使用がメインなのか、海外でも使うのか、買い物などの決済以外に公共料金などの支払いにも使いたいかなど、使用目的を考えて、その目的に利用できるブランドをチョイスします。

発行会社とカードの種類については、気になるのが入会金や年会費です。 年会費を払って、より高級なサービスを受ける余裕があるなら別ですが、一般的には年会費などの維持費は安ければ安いほど助かるはずです。 年会費は初年度無料というサービスを提供しているところもありますが、それ以降は1,0800円から10,800円程度かかるところがあります。

なお、毎月何万円以上の利用がある場合や年間でいくら以上の利用がある場合には、翌年も年会費が無料になるとか、請求書の送付を省略してweb明細を利用すると年会費が半額になるといったところもあります。 また、百貨店や量販店などでクレジットカードを作成すると、年会費は永久無料という場合も多いので検討してみましょう。