外国為替の決済方法について

 

送金為替と取立為替という決済方法

外国為替とは、通貨が異なる外国間の決済を、現金の送金ではなく金融機関を仲介して行う方法のことをいいます。外国為替を用いるのは、相手が外国にいる場合です。国際間の決済の方法には、資金を送金する送金為替と資金を取り立てる取立為替があります。

送金為替は、たとえば東京からニューヨークへ送金する場合、送金人は東京の外国為替銀行から、円を払い込んで外国為替手形か小切手を受け取ります。これをニューヨークの受取人に郵送して、受取人はそれを指定された為替銀行に提示してドルを受け取ります。この送金為替では、資金が移動する方向と手形が郵送される方向が同じであるため、並為替といわれています。

取立為替は、主に貿易の決済に用いられています。東京の輸出商からニューヨークの輸入商との取引では、東京の輸出商が輸出貨物の船積み完了を待って、ニューヨークの輸入商を支払人、為替銀行を受取人とする為替手形を振り出して、為替銀行に持ち込みます。

銀行は手形の担保となる船積書類や外国銀行の信用状などを確認して、手形を買い取って書類と共にニューヨークの支店へ郵送します。支店では、期日が来ると輸入商に手形を提示して代金の支払いを求めるのです。取立為替では、為替手形の郵送方向と資金の移動方向が逆であるため、逆為替といわれます。