円高、円安と相場

 

円高や円安の動きを把握しておこう

日本にいると「円高」や「円安」といった言葉がよく聞かれます。これは、ドルやポンドといった外貨に対して、円の価値が相対的に高くなることを円高といい、その反対を円安といっています。

1ドル=80円から1ドル=70円と相場が動いたときは、ドルに対して円高となり、1ドル=80円から1ドル=90円に相場が動いたときには、ドルに対して円安となります。円安、円高というのは、水準が決まっているわけではなく、ある時点での為替レートと比較して、円安や円高と表現されているのです。

円高のときは、外貨で代金を受け取る輸出業者にとって、利益が減少することになります。反対に、輸入業者にとっては、商品の購買価格が下げられることになり、収入が増加します。円安になると、円高のときとは逆に輸出業者の利益が増えて、輸入業者が収入の減少になるという打撃を受けます。

業者がこのように影響を受けるため、消費者にも値段として直接影響することになります。そのため、円高、円安は一般の人たちにもよく知られているのです。ただし、多くの企業では、為替変動による収益悪化を防ぐために、通貨の先物取引やオプション取引などを利用して、リスクを軽減するようにされています。