為替相場を動かす要因や材料

 

為替相場を動かす要因と材料を知ろう

為替相場はさまざまな要因によって、また取引参加者の期待や思惑などで常に変動しています。一般に為替相場は、ある一定期間を1つのテーマによって動くことが多いため、現在のテーマを把握することがとても大切です。また、テーマの変化によって、大きな利益が発生することになりますので、焦らずに見極めることが重要になります。

ここでは、イベントの要因となる材料を挙げます。

  • 為替政策の変更
  • 金融政策の変更
  • 経済指標の発表
  • G20やG7の声明(為替に関する内容)
  • 中央銀行による為替介入
  • 地政学的な問題(政治、紛争、テロ、緊張、災害)

為替政策や金融政策、経済指標などは米ドルを基軸通貨としているため、米国の政策や指標を指します。

日常取引での要因としては、次のようなものがあります。

  • 市場参加者の思惑
  • ポジション調整
  • キャリートレード
  • 季節的な要因

他には、為替や金利、株式、債券などの市場動向、マーケット指標が為替相場を動かす材料になることがあります。

また、国際会議なども為替相場に影響します。次のようなものがあります。

  • G20/G7財務相中央銀行総裁会議
  • 主要国首脳会議(サミット)
  • APEC首脳会議
  • ユーロ圏財務相会合