外国為替相場と交換比率

 

外国為替相場と仕組み

外国為替相場とは、ある国の通貨と他の国の通貨の交換比率のことです。外国為替相場は、外貨投資をするときには必ず利用することになりますので、知っておく必要があります。外国為替相場を知らずに、外貨投資の収益管理はできません。

中でも重要なことは、金融商品の取引の際の通貨換算の仕組みです。これを知らずに外貨投資はできません。日本においての外国為替相場は、戦後の1949年に1ドル=360円の固定相場に設定され、1973年に変動相場制に移行して現在に至ります。外国為替相場は、国によって制度が大きく異なるもので、完全な変動相場制を採用している通貨は、先進国の通貨などの一部の国だけです。

外国為替相場とは、単なる通貨の両替価格ではありません。実際の取引では、外国通貨や外貨手形などを売買しますので、外国為替という商品の価格になります。外国為替相場では、米ドルが基軸通貨となっていますので、米ドルを相場に見ることが多くなります。

外国為替相場でドル/円というときは、ドルに対しての円の価格をいいます。ドル/円が上昇するというときは、ドルの価格が円に対して上昇することを指しています。外国為替相場は、リアルタイムで動いており、時間の経過とともに動きを繰り返してトレンドを形成していきます。