外国為替取引は相対取引

 

外国為替取引は相対取引で行われる

外国為替取引は、相対取引です。相対取引とは、取引を行う人同士が一対一の関係で取引を行う形式の取引をいいます。外国為替取引は、この相対取引で行われているため、ドル/円のレートが同じであっても、銀行や為替取引業者など取引を行う人によって、さまざまなレートが提示されます。

このような取引では、外国為替証拠金取引で実際に取引できるレートは、取引する業者によってさまざまになります。一日の高値安値も取引業者によってさまざまということになり、指値や逆指値が約定しなかったなどの問題も起こります。

取引レートをチャートや価格データとして公表している業者は安心できますが、公表していない業者の場合は、お客様によって取引レートが違うということもあります。ロイターなどの情報ベンダーの発表しているレートは、複数の銀行からの気配値レートであるため、レートにはブレや行き過ぎなどがあることも多いようです。

このように、外国為替レートというのは、同じ時刻に複数のレートが存在しているのです。証券取引などの取引所で集中して行われているような場合は、どの証券会社から見ても、同銘柄、同時刻であれば同じ値段で提示されていますが、外国為替レートはそうではありません。