外国為替市場の参加者と市場

 

外国為替市場の参加者について

外国為替市場に参加しているのは、為替ディーラーといわれる金融機関、外為ブローカー、ヘッジファンド、個人や一般企業の顧客、中央銀行などです。外国為替市場は、インターバンク市場と対顧客市場の2つがありますが、参加者によって取引する市場が違っています。

インターバンク市場に参加しているのは、大手銀行と外為ブローカーです。インターバンク市場では、この参加者が大きな役割を果たしています。大手銀行とは、都市銀行、信託銀行、外国銀行、地方銀行、第二地銀、信用金庫、そして、大手証券会社、インベストメントバンクがあります。もちろん、日本銀行も入っています。他には、外為ブローカーといわれる仲介業者が参加しています。

対顧客市場には個人から法人までさまざまな参加者がいて、いろいろな取引が行われています。参加者としては、ヘッジファンド、商品取引顧問業者といわれるCTA、証券会社、FX会社、生保、損保、年金、投資顧問、投資信託などの機関投資家、カレンシー・オーバーレイ、一般企業、個人投資家がいます。

これらの参加者は、投機筋と実需筋の2つに分けられます。投機筋とは、替取引で利益を出そうと取引を行い、金融機関、機関投資家、ファンド、個人投資家などを指しています。実需筋とは、実ビジネスで為替取引が必要な輸出業者、輸入業者、一般企業を指します。