クレジットカードの選び方

 

クレジットカードの選び方

国内で発行されているクレジットカードは、ほぼ何処でも使うことができますが、どれでもいいわけではありません。年会費のかかり方やサービス特典、ポイントの貯まり方などが違うため、よく比較検討して選ぶことが大切になります。

もっとも、数ある種類の中から、自分にもっともふさわしいと思う1枚を探し出すのは、至難の業です。そのため、口コミサイトを利用することで効率よく探すことができるかもしれません。単に利用者の意見が羅列されているサイトだけでなく、条件を指定して参考意見を探せるサイトもあります。

たとえば、よく行くガソリンスタンドやドラッグストアでクレジットカードの加入を勧められたり、デパートやショッピングモールなどで勧誘されることは多いと思います。そんなとき、勧められるままにすべてに申し込むということはせず、いったん保留して口コミサイトで評判や、使い勝手の良さのランキングを調べてみましょう。

検索条件は、デパート系ならば百貨店・デパートと指定したり、年会費が無料として検索したり、ポイントが充実として検索したりしてみましょう。

クレジットカードにより、年会費の金額も異なります。また、ポイントについても、提携カードの場合にはその提携先のポイントが貯まりやすいなどのメリットがあります。よく買い物する場所やサービスを利用する店舗があるならば、そこで作成すると年会費無料、ポイント充実で割引特典や特別セールなどがあるかもしれません。そうした情報を口コミサイトで集めてみましょう。

クレジットカードの種類は数えきれないほどあります。 社会人になって初めて持つときや、ショッピングや旅行にと頻繁に利用する方が選ぶ場合、どこがいいのか迷うのではないでしょうか。

特に、クレジットカード会社で発行する純粋なカードだけでなく、様々なところで作成できるので悩みどころです。デパートや量販店などで買い物をする際、カードへの加入を勧められることも多いでしょう。 こうしたデパート系やショップ系のクレジットカードは、そのお店で頻繁に買い物をするという方にとってはメリットが大きいこともあるかもしれません。

年会費が無料なことが多く。 セール時にポイントがアップしたり、嬉しいプレゼントがもらえたりという特典が付くことがあるからです。 加入の際には勧められるままに申し込みするのではなく、どの程度のメリットがあるのか、他のお店でもスムーズに使えるかなど、比較検討して選びましょう。

比較のポイントは、まず年会費です。年会費が永久無料というところもあれば、初年度のみ無料のところ、1年目から所定の年会費がかかるところがあります。 年会費を支払うケースでは、それに見合ったサービスが受けられるのか、年会費以上のメリットが得られるのかをチェックすべきです。どのブランドのカードなのかも、チェックは欠かせません。 ブランドにより、使えるお店やサービスの数が異なることがあります。 よく買い物に行くお店や、海外旅行先での利用なども考慮して決めるといいでしょう。


姉妹サイトLINKS

水SOS:水回りの対応と天然水の宅配が出来るウォーターサーバーを比較するならここ!